不動産

任意売却について考える

その任意売却は正しい判断でしょうか

不動産

任意売却をしようと不動産会社に相談したら、耳障りの良い文句を並べられてついその気になってしまった方はいないでしょうか。しかしその取り引きは、本当にあなたにとってメリットのあるものかどうかよく考えてみて欲しいのです。任意売却を決めたということは限られた時間しか残っていないと思います。そんな状況で都合のいい話をされたら心が動いてしまうのも仕方のないことではあるでしょう。しかし任意売却をそんなに簡単に決定してしまっては損をする場合があります。そうならないように、任意売却を決めたらまず複数の会社に相談して比較するといいでしょう。いろいろなところに相談することによってサービスや金額が比較できるだけでなく、任意売却についての知識も得られるのでお勧めします。

相談はいろいろな効果をもたらす

住宅ローンが滞ると金融機関から任意売却を勧められます。この時金融機関から不動産屋を紹介されるでしょうが、ローンの契約をしている金融機関の勧めだからといってそこと必ず取引する必要はありません。金融機関にはたとえローンの返済が滞るような理由があったとしても、強制的に契約者の不動産を売却するような手続きをとることはできません。任意売却する不動産屋を紹介することはあってもそこと強引に契約しろという押し付けはできないのです。そういったことからも、任意売却をしてもらう業者は複数用意してより自分にとって都合のいい取引がおこなえる業者に相談するべきなのです。任意売却についての最終的な決定権をもつのは誰でもなく自分ですから、全て自分の主導で勧めるようにするべきでしょう。